HOME > 損害保険

損害保険

私たちは、損害保険代理店専門試験に合格し、全員が損害保険募集人試験に合格しています。

損害保険募集人資格という資格があります。 日本損害保険協会が行う損害保険募集人試験に合格すると取得できる資格です。 何のための資格なのか?自動車保険や火災保険、損害保険の業務を扱う為の資格です。 自動車損害保険や任意保険などの自動車関連保険、その他に火災保険や損害保険などの取扱業務が行えるようになります。 この日本損害保険協会とは社団法人で、「日本の損害保険業の健全な発達及び信頼性の維持を図ることを目的」とする団体です。 損害保険についての情報提供や防災・交通安全についての活動などを行っていますが、損害保険募集人資格試験の実施もそのひとつです。 日本損害保険協会は、その会員である各損害保険会社の依頼に基づく形で代理店試験を行っていますが、代理店試験には2種類あります。 ひとつは、「損害保険代理店専門試験」で、もうひとつが「損害保険募集人試験」です。 そして「損害保険募集人試験」の合格者には合格証・資格証明証が発行され、損害保険募集人資格が得られるというわけです。

様々な損害保険会社がありますが、それらの会社が直接ユーザーに保険を販売しているわけではありません。 代理店を通して保険は販売されています。 誰もが代理店になれるわけではなく、資格が必要になるわけです。 「損害保険会社と代理店委託契約を締結し、内閣総理大臣の登録を受ける」 、「保険会社が実施する所定の教育を受け、『保険募集に関する法令や保険契約に関する知識』を習得する」 という条件を満たす必要があり、この後者を受け持つのが損害保険募集人試験であり、損害保険募集人資格なのです。 また、損害保険募集人資格の他に2009年秋から始まった各損害保険会社の「損害保険専門試験(自動車・火災・損害、他)」に合格する必要があり、これについても社員全員がいずれかの損害保険専門試験に合格しています。 また、月1回損保ジャパン日本興亜十日町支店、あいおいニッセイ同和損保十日町支店の方を講師に勉強会も実施しています。

 

そこで、私たちが出来る事は、お客様のニーズに合った商品をお奨めし、ご満足いただける内容をご提案しています。また、お客様の万が一の事態にも敏速に対応できるよう、努力しています。「保険は入る時よりも、使う時に初めて良さが分かるもの」と言われています。 確かな対応、確かなアドバイス、確かな安心で、お客様の万が一の時の事を考えながら、保険業務を行っています。また、各保険会社のロードサービスとも提携していますので、故障によるお車の不調、交通事故で自走不可能になった場合でも対応出来る体制(24時間365日対応)を整えています。 自動車保険だけではなく、火災保険、住宅保険、積立保険など、各種保険もご用意していますので、お気軽にご相談下さい。

 

▲ページトップに戻る